MK⑥「Get Lucky♪」

2012年01月01日

幸せを感じて・・・(Remembrance Day♪)



beautiful-poppy-flower-widescreen-hd-wallpaper




いつもと変わらずに、新しい陽が昇る
美しい景色は、遠き日々の時間と声を
静かに呼び寄せる







マークが語るように歌う・・・相変わらずの優しい声で

この曲は、その優しさが溢れている
悲しいのではなく、愛に満ちた感謝の歌

あなたを忘れない、、あなたがいたから、今があり
生かされている自分がいる、、ささやかでも日常が送れる喜び
何もないことへの、計り知れない幸せ

そんな思いを綴るように、マークの声が沁みる
これは※特別な曲でもあり、今の時代がいかに幸せかを
改めて感じる歌だと言える
赤いポピーの日・・・翻訳☆








このライヴは路上なので、雑音も入り、動画を回した作者さまも
気になった事だろう、、しかし、貴重な映像である
オリジナルに入っているように、子供達のバックコーラスが
何よりも、この曲の大きさを占めると思う

世界が皆、体験した「悲しみ」を学び「愛」に変えること

マークが込めた思いも重なり、温かく熱いものがこみ上げてくる



0001507M
2009_13_s




マーク自身も、若い頃を振り返っているだろう
数々の思いを胸に、素敵な曲を生み出し続けるマーク

彼の音楽を味わえる・・・これがワタシの幸せだ

新しい年明けに、感謝の意味を込めて
しっとりとマークが歌う、メッセージソングを選んだ

今年も、マーク惑星発~癒しの世界が始まる☆









thovena at 00:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年12月23日

語りと優しさ・・・(Get Lucky♪)






若いマークの左手、横顔、放課後から、完熟マークの時代まで
3世代を並べてみたが(並べたのは、単なる偶然です、、)

今回の完熟マークは、最高にお茶目で、一番若いかも!

遊び余裕に溢れていて、何て言うかもう、、いい~♪可愛い~♪
偉大なる音楽家を、すっかり遊び放題だよな・・・
でもね~笑ってるよね、マークもね!

このバックボーイズ達(貫禄ジジヴォーカル4人!)の
リラックスさと、マークのおどけっぷり!!!
みんな、プーさんみたいに大きい体で、中身は子供そのまま
コーラスはヘッドフォンで聴くと絶品☆
アカペラボーイズ、、さすがだわ!

ククク、、もうねえ、何度観ましたかね、このジジコーラス!
マークは低いから「ベース」だと言われている感じ 
一人でヘッドフォンで遊んだり、子供みたいに踊ったり、、
わはは!NG何回出したの~?(笑)








インタビューは少し長いが、いい声のマークが優しく語る

最新アルバム「Get Lucky」からのプロモ撮影風景が、自然体でいい
このアルバムは、全体が「優しさ」で包まれたアルバム
マークがこれまでを振り返って得たもの それによって捧げるもの
1枚の中に、人生が凝縮されたような深い思い・・・♪

マークの話す時に動かす手が大きくて、その手のひらが、よく見ると
凄くふわっとして柔らかく見える 特にPart.2の6分以降、お手手を
動かすから、しっかり見るんだけど、やっぱりふわっと見える

この手が好きーー!手相を見る~、、とか、何とか言って
モミモミ触りたい~ヒヒ・・・☆(ホントにバカだよな)

年齢と共に硬さも取れ、川が流れるような音楽に感じる
 優しい歌声、癒し、マークの世界☆


d



完熟マーク、、辿り着いては
優しさに包まれる・・・やっぱり毛布だわ~☆









thovena at 00:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年11月24日

オフビートはカウント・スリー・・・(You Can't Beat The House♪)






マークのソロ4作目(・・・確か)「GET LUCKY」からの曲
艶々ミドルから完熟期は、ヘッドフォンがいい♪
始まりの「Take One...one..two..」のスリー・カウントが特にいい!

マークは、こういったオフ・ビートの力の入らない曲がとても上手い
ちょっと集まってスタジオでやってみた・・・的な即興らしい雰囲気
「いいねえ、これ録音してみる?」みたいな会話さえ聞こえそうな曲
とても乗れるし、めちゃめちゃカッコいい~~!


Mark_Knopfler_SCM25_web



そんな雰囲気を感じながら、このお宝スライドに決定☆こちら!
ゴージャスショットのマークがいっぱい!作者さま、さすがだ☆

もう近郊(ヨーロッパ)と、米国ぐらいでしかライヴをやっていない
完熟マークのライヴでのショットは、国内ではもう観れないし
音楽雑誌にも出ないだろう、、うう、、何てこったい!
いいなあ~生ライヴ行きたいなあ~♪

※「赤い汗」が冷めやらぬ余韻のまま 救いの完熟ジジさまマークに
またゾッコンなひととき・・・う~う~
次に※「青い夜」がやってくると、また怪しいライトの光に
おかしくなるんだわ・・・う~う~ 

どこまでも宇宙遊泳のマーク惑星だ☆


2011112322570000




思わず撮った青い夜のマーク!いや~ん後ろ姿でも撃沈~☆

※赤い汗=「アルケミー・ライヴDVD」で、マークの若さと汗が素敵
※青い夜=「ON THE NIGHTライヴDVD」で、渋いマークと大人の夜
といった感じを表現してみた、、(これ自慢なの?)





thovena at 22:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)