2016年11月27日

独りごと・夢時間(さり気なく静かに、マークの刺激編)


6c531345f91268b92d53cd40982a80e0-d37hbem
Tracker--Dokumentation



どんなに日々が過ぎようとも、変わらないもの
書ききれない想いが募るまま、もどかしさが頭の中を埋め尽くす

一言では表現できないマーク・ノップラーの音楽
それは決して複雑ではなく、すっと耳に入る
言うなれば、シンプルに溶け込める「邪魔にならない類だ」 と、ワタシは思う
しかし、聞けば聞くほどに掴まれ胸を熱くする音、そして、彼の声なのだ



U67high
47628790001_359316905001_GENERATED-STILL-UPC00602517007710



感情を揺さぶるとか、情熱をぶつける感じもない
一般的には地味であり、静かな佇みを見せる
それなのに、しっかりと耳を捉える音楽、特に彼独特の音色は
何ていうか、もう、、、、、、、、言葉にできないんだなあ、、
そう、ワタシのこの乏しい頭じゃ、うまく言い表せないのだ、、

だからこそ、かえって愛しさを増すことになる毎日
ブランクを感じつつも、そうやって変わらない想いを抱き続けている

前に戻るが、シンプルで溶け込める、、と書いた
それはあくまでも「耳で聞く音と声」に関してだ
マークの歌詞、つまり、彼が描く世界(物語)は、ごく身近に置かれた
情景だったり、誰かを題材にイメージされたもの、或いは
辛辣さを香らせつつも、あえてソフトな音楽でかわす、といった
秘められた謎解き、とも言える独特のメッセージ性・・・



f0088d4cd5e5e9c8622d785df17c54fc
f0088d4cd5e5e9c8622d785df17c54fc



何と言っても、最大の特徴でもあるのが「難解そのもの」なマークの歌詞だ
その奥に潜む彼の意図は、きっと誰も知り得ないだろう
日本国内で発売されるアルバムは、対訳がないものばかり、、
真意を伝えるには、あまりにも難しい意味の言葉(歌詞)だ、と感じるし
文化や歴史など、あらゆるルーツから紐解かないと分からない、という
深くて、遥かに遠い次元になってくる

例えば、時折首を傾げるような映画の日本語タイトルのように(笑)
なんじゃこりゃ!?的な対訳が伝わるよりも、音楽の楽しみ方は
聴き手の数だけある訳だし、訳が分かんなくてもいい
ただ単純に「おお~マーク、やっぱ、かっちょええ~!!!」でいいと思うのだ

これって、ファンだから目線も確かにある
でもね、でもね、マークの虜(笑)になってる方なら、きっと分かると思うけど
ジャラ~ン♪とひと弾きが流れただけで、身体に電流でも入ったか、の
ように、骨抜きふやけ、、いや、違う、電流だから、バチバチの痺れだ、、
いや、結局は、ビビビ、、と感電しつつ、仕舞いに腰が抜け
ふにゃけて動けなくなる (ふ、ふにゃ?ふにゃけ?)



f0088d4cd5e5e9c8622d785df17c54fc



それに輪をかけ、ドラマティックなメロディに重厚な音の重なり
美しいコーラスの絡み、ギターソロの鳴き、耳を溶かす声、、
「地味で静かな男なのに、身体中を激しく刺される、、これぞ刺激!」
マーク、、言い切れない位に思うのは、そのさり気なさの後ろに
一体、どんだけの魔を秘めているのよ!!!

フツーなら、魅力の文字が当てはまるところだが、、
マークに関しては、「こう見えて、実は俺、凄いんだぜ、、」
みたいな、マジック的「魔力」に思えてくるんだわ(笑)

だんだん言いたい放題、、の域になってきた・・・(+0+|||)

好き、、が高まりすぎると、危険なものになる
これって、よ~く分かるんだなあ~
上手く言い表せない、というもどかしさがそうさせるのよ
ねえ、分かってる?マークッ!(分かりませんよッ!)



mark_knopfler_21



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


独りごと・夢時間

はあ~、、書いたら少しスッキリした・・・(ったく、相変わらずダラダラと)

休日、出掛ける際に乗るのが市電
いつものように最前列に立ち、運転席を斜め右に見つつ
進行方向のレールを真っ直ぐに眺める、という場所がワタシの特等席だ
だから、どんなに座席が空いていても、決して座らない
終着から始発になり発車の電停乗車は、それが可能なのだ

ウォークマンで聞くマークの音楽は、レールの景色に乗り
また格別な想いを浮かべさせてくれる
感じるまま、、の感性で、久しぶりに今度こそは!と
マークへの言葉を探すんだけど、、

やっぱり今回も、撃沈のままで終わってしまうんだなあ~
そう、どこかのCMみたいに、マークが「見たな~バーン!」とするのよ
そしたら、ワタシがアヒーーっと倒れる、、(って、マークが赤頭巾ちゃんかい)
・・・この頭、、だめだこりゃ、、アヒヒヒ♪

はあ~あ、、暫しのブランクを経ても、、やっぱこれかい、、



mark_knopfler_21



・・・そうさ、、こう見えて、俺って凄いんだぜ、、
おっと、見たな~バーン!だぜ、、

いや~んもう、、マーク、その乗り素敵~好きッ! \\(=^▽^=)//






トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。