2016年02月29日

「DS」という名の特急・・・(Expresso Love - Live 1981♪)





若かりし、DSマークの時代!
観客よりもずっとノリノリのご機嫌で、元気一杯のステージだ

ここでの見所(笑)は、何と言っても通称「酔っ払いドラムのピック兄貴!」

マークのイントロを無視し、スタスタとステージ前面のカメラに接近、、
これねえ~マークがアヒヒッ、、と吹き出すのも分かるんだなあ~

ピック兄貴の衣装が、これまたツボ!
柄ジャケの色合いといい、まっちろなパンツといい、、
わはは!これ、どう見たって昭和の漫才師のスタイルだしね
それで、いつまでもウロウロしててさ、マークは早く演奏したいのに、、

「何だよ、まだスタンバイしないのかよ、そろそろ行くぜ!?」
って、きっと思っていたハズよね、ヒヒ!(^^)

これ、マークのイントロから、アラン兄貴のキーボードになり
ドラムのピック兄貴の順番までは、充分間に合うニクイ計算なのよ
いいわあ~遊び大好きな雰囲気って♪
その昔書いた「イケテル兄貴たち」の通りだわ(^^)


photo4
518EspressoLove518EspressoLove
1c0289b8-s1c0289b8-s
pick-espresso-love



エキスプレッソ(仏語)(ちなみにエスプレッソ=伊語)
エキス、、と発音するせいか、呼び名も似ているのがエキスプレス
エキスプレッソ&エキスプレス、、それで考えた・・・

当初は、超特急の勢いでむさぼったマーク、、これぞエキスプレス!
そういう感覚で、えっさえっさと書いていたマークへの思い
連日連夜、まるで、取り憑かれたかのように、、(笑)

真っ赤なギターがトレードだった、DSのマークに戻る時・・・
勢いの中にある繊細さ、寂しげな眼差し、上下する波のような心、、
苦くて甘い、Expresso Loveの味、、そのフォトを重ねては
「今」という栄光に向かって走る、マークの姿を追ってしまうのだ☆


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



schecter-red-1980-2



今も昔も変わらないもの、、
いたってシンプルなスタイル(物腰)の、マークが出す雰囲気だ

遅咲きのスタートは、息の長い栄光ロングランをひた走る☆



1c0289b8-s1c0289b8-s



※おまけ・・・
その昔、このフォトを初めて見た時、そりゃあもう~腰抜かすなんてもんじゃない
鼻血どころか、心臓止まるか、、と思ったもんね w(゚o゚)w ウオーーーー!!!
それ以来、癒しで登場するマークなのよ~(何の癒しだ!)

アヒヒ!バケイション♪バケイショ~~ン♪春よこい~早く来い~♪
マークのこんがり肌連れて~~♪エキスプレッソ色染めて~~♪






トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。