新譜「Tracker♪」を味わう(第二夜)オープニングが掴む「Tracker♪」からの(第四夜)へ①

2015年05月02日

「Tracker♪」とマークの佇まいを感じて(第三夜)


2015-03-18-06-33-58Mark%20Knopfler%20Banner653x286



味わう第二夜から、ずっと味わっては過ぎて行く時間
その経つ毎に、もっともっと深く響いてくるもの☆

マークの音楽は、一見、いとも簡単にその場を擦り抜け
聴く者の耳に、心身に、心地よく流れ去る
しかし、その余韻は奥深い所で、しっかりと掴み
何度も何度も聴き重ねては、新たな色を教えるマークの曲

「聴き続けたい」・・・という衝動を湧き起こさせるか、のように
いかに変化のある音を忍ばせているのか、を気付かせてくれる

そして、それに唸る瞬間、、
マークの世界に打ちのめされ、堪らなくなるのだ


04MK_Henrik_Hansen
03MK_Henrik_Hansen



いやあ、、もう、、何て言うか、、ほわ&ヘナ状態・・・.。o○.。o(*´ -`)(´- `*).。o○.。
第三夜、、って書いておきながら、書けないんだわ、、あえて言うならば・・・

いつものことなんだけど、マークの音って、どんどん入り込む
それが初めは分からないんだな~、、さら~っと流れる川のようで、、

それで、ノリだったり、ビートだったり、バラードだったり、、
相変わらず、同じ色がどこにもない攻めでやって来るから
どれどれ、もう一回!もう一回!、とボタンを押しては(どこのボタンだ)
耳を澄ます、、一番聴きたい音を探すその後ろで、パートの重なりを
じっと聴きたくなるのだ そして、専門用語を知らぬド素人の頭では
表現の出来ない、変化に富んだパターンのリズムが隠されているのに驚く(*0*)

マークの音(演奏)は、トーンを控えつつ、自在に操るフィンガーの魔法で
柔らかく、まるでセッションのようにリラックスした雰囲気を出す 
それは実にスムーズに聴き心地をくすぐりながら、フレーズの単調な
流れに、彼が得意とする一捻り、つまり、変化の色を出す
繰り返すビートの中に、お!っとなるような、ニクイ演出をするのだ
あ~~こういう色合いがマークだ、、と、センスの良さを魅せつける
それも、流れるように、さりげなく・・・

そこに遭遇すると、もう、ワタシの感電ゾーンは最高潮~~(屮゚Д゚)屮 カモーン
それがプロだから、、の域を超え、へええええええーーーーーー!!!
と、奇声にも近い叫び、または、う''う''う''う''う''ーーーーー!!!と
声にならないうめき声で、うずくまる、、、

・・・ちょっと待った、、いくら表現できなくてもね
もっと分かるような言葉、、せめて、文字にならない?

はは、、つ、つまりね、、マークの技とか、センスとか、味付けとか、、
そういう好みも、心地良さも、全部分かっているから、毎度当たり前~
だから、「うん、思った通り!さすがはマークよね!チャンチャン♪」
となって普通は納得なんだけど、そ・れ・が・そうは行かない掴みがあるのよ
ただの掴みじゃなく、「ワシ印」最強ダイヤの爪でピカッ!グサリ!と
掴まれ、見事UFOキャッチャーから脱出・・・(こら、いい加減にしろ!)


02MK_Henrik_Hansen
knopfler_770



佇まい・・・立っている様子。また、そのものから醸(かも)し出されている雰囲気。

第二夜で書いた曲のイメージはそのまま、ワタシの頭が描くシーンに
マークが音を出してくれている、、そんな感じ♪

このアルバム、一番好きかも、、と言ったのは、マークの近さ
すぐ傍に感じる佇まい、息遣い、これまでと変わらぬマークのポジションなのに
そう思わせてくれるのは、ジャケットにあるマークの姿だろうか、、
DSからソロスタート以来、アルバムとしての表紙をマークが飾ったのは
BTや、バージョン違いリリースを除き、今回が初めてだろう

原点、、という形ではないにしても、マークが出すアプローチと
薫るようなマークの佇まいに、ほわ&へナ中のままだ・・・
(ほわんほわん&ヘナヘナ気分の意味)

はああ~~、、結局、音楽用語も何もないわ、、これでファンと言えるのか、、?
「一言では言い表せない、深い味わいの音楽」=マークの世界☆
それしかないのだ、、いいのだ、これで!( いつもこれだ、、( ̄‥ ̄)=3 )


K_KNOP~1



がああああーーーーー(++)ダメね~↑これね~↑(++)
BS=バストショットならぬ、YUS=指アップショット、、
この角度、指の曲がり具合に弱いんだわ~ん、、♪

マーク、、毎回こんなワタシだけど、、ホンマ大好きやね~~ん!
(アヒヒ!ホンマは関西じゃ、なかとば~い~♪Bye~Bye~♪)






トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カパルア   2015年05月19日 20:29
5

reoさま   こんばんにゃ☆

久しぶりに現れ「こんばんにゃ」とは(笑)
雑用多く、自然と車での移動が多いこの頃
このマークのアルバム、私が生きてきた中で1番聴いていると思う。
で、変な主張せずに私に寄り添う凄い人ね、、、と思っていた。
でもね、今日 時間があって家で聴いていたら
聴き手に余裕があると思うとマークの音楽は攻めてくると言うかーーー
意味不明?よねーーーー
到達するのは、マークの音楽って凄いの一言なのよ。
本当にそれだけ(笑)

さて、アルバムの表紙をマークが飾ったのは初めてなんですか?
そんなのも知らなくて、ただただ驚いています。
マークのアルバムも他の公式と思えるフォトも色合いがいいのよね。
これも上手く言えないのだけれど、落ち着いているのに爽やかで
風の香りを感じそうなフォトなのよね、、、、

うふふっ
YUS、私も好きだけど(笑)
「YUS」って表現が好きやね~~ん!
わかるわかるーーーー
角度に指の曲がり、、、大体、指の反り返りなんてマークに出会った
はじめて感じた事ですもの(笑)
大好きやね~~ん!

マークへの愛に溢れた記事、うっとり拝読させて頂きました。
有難うございます☆


2. Posted by reo18   2015年05月22日 10:37

「カパルアさま」 ウエルカム~♪

こんにちにゃ☆
にゃにゃにゃ~い!お久ぶりぶりでありますぅ~(^^)

日々の雑事ってこんなにも多いのか、って思いますよね
お忙しい合間にいつも有難うございます!

浸っては溶け、また土から這い出すのですが(笑)
マークのエキスは何せ強力で、溶かすも蘇るも自在に操る媚薬
クーーーッ!(慈英調)

今回は、、って言いたくなるほど聴いてますね、このアルバム☆
寄り添うのはいつものことなんですが、何でかな~
そう!静かなる「攻め」なんですよ、これが動けなくする原因
マークの佇みは次第にその場にへばりつき接近戦にてズドッ!
何でやねん!ああ~でもね、その接近でズドッ、、が希望なの、、
ウヒヒヒ!もうダメやねん~だから書けないねん(書いてるし)

まとまらないまま、ず~っと行くのでしょうね、このまま・・・
いいの、マークってそうさせてくれるのよ、それでいい、って言うんだもん
(言わないぜ!ダメだこりゃ)

わはは!YUSって、、ヒデキのYMCAみたい♪
指、指、反った厚みがシャウエッセン越えのパリッ!
う~ん、美味しそう、、何度見ても美しいお手手と弾く姿は
アップショットだけを集めたくなります

はああ、、カパルアさまのお言葉に、これまたうっとりです
愛されるマークなのね、いや~ん、益々好きなね~ん
いつまで関西なんやねん(笑)

感謝パリッ!ブリッ!ポキッ!(^^)


コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

新譜「Tracker♪」を味わう(第二夜)オープニングが掴む「Tracker♪」からの(第四夜)へ①