2014年02月

2014年02月26日

至近距離の鼓動・・・(NH - Calling Elvis '98 in London♪)








とにかく・・・上手いタイトルが浮ばない
この距離からのマークのギタープレイは
まさに、鼓動そのもの、、としか言いようがないのだ

マークが弾くギターは、音という列車
乗せられた者は、リズムに身体を揺らし、掴まれ
鼓動だけが激しくなる

DSヒットのお馴染みCalling Elvis♪
カントリー・ロック調の流れは、音の探り合いをするジャズセッションの如く
マークのリードを前後しつつ、さりげに移行するソロへの
アレンジが見事だ、これぞマークが持つ幅が際立っている☆

凄い、、こんなマーク見たことがない!
今更何だ!?と言われそうだが、スゴい、と言ったらスゴいのだ!

同曲で、同じ会場のライヴでも、アレンジが違う
だから、一番長いバージョンを選んだ
(会場ライヴの作者さまに感謝だ♪)


hqdefault
mqdefault
maxresdefault



マークの指を、どのライヴでもずっと観てきた
滑り、走る、美しい流れは、どれも同じがない、、
中でも、この鼓動ライヴは12分の長さを感じさせない圧巻もの☆

和気藹々の仲間たち、、お茶目なブレンダンおいちゃんに
黙して淡々のスティーヴおとっつあん(笑)マークが向いても
あまりの笑わなさが、逆に可笑しい位だ ( ̄∇ ̄)

アフター・ファイヴのハンサム時代から、ミドルの艶時期まで
放課後の課外的なNHバンドの雰囲気は、終始リラックスムードがいい
そして、マークのオフステージを感じさせる距離でもある♪


Vaisonfront




最後の最後にマークが発した
あんがと!の連発、、そこまではよかった
とどめのマイクに囁いた’’thanks a lot・・・’’

これで一気に倒れてしまった
鼓動ドキドキで呼吸も忘れ、囁き攻撃とは、、
マーク!恐るべしだ~バキューン!ドヒューン!
あなたって、、ホントに、、わははは、、素敵過ぎて笑うしかない~♪
\\\( ゚∀゚)/// ヮハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

おまけ、、
実は、もう一つ倒れた箇所があった
マークが最後にギターに添える手なのだ(11:55)
愛用のモデルに対し、見かける場面だが
何度見ても、胸がジーンとなる

一曲を大事に演じきり、感謝と愛を込めた姿・・・これがマークだ☆







2014年02月13日

Sweetな時間・・・(Wonderful Tonight 88’♪)



original




甘い時間、、それは人の数だけシーンがある

そして、音楽を傍に置き
自分だけで浸るのもまた、Sweetな時間になる







ハンサム兄さんと、マークの共演は、知り尽くし信頼した同士
互いが一歩譲ったスタンスで、しっとりと聴かせる
極上な大人のライヴ♪

いい男同士の眼差しは、本当にカッコよくて素敵だ
今年の溶けるような甘い時間は、二人から贈られた・・・



20100713044706149
ib8197ib8197
ib8197ib8197 
BlogPaint




エリック兄さんが歌う、バラードの世界
マークは、それを静かに支える

この二人が並ぶだけで、本当に凄い凄いことなのだ!
そんな至福を感じたWonderful Tonight☆



20100713044706149



 いつ見ても、マークのラインは実に美しい
マークが出す味は、どんなチョコも叶わない、、(なぜチョコなんだ)
苦い味のような表情で、頑なに弾くスタイル
そのどこかで見せる、一瞬の甘い笑顔・・・うひゃ~とろける瞬殺だ、、
ひゃあ~溶ける~(ドロンドロン)
マーク、、お願い、急に笑わないで~あひ~(ドロンドロン)



MK_guitars_unknown13




・・・あのさあ~、、急に笑うなってさあ~、、だったら、じわじわ笑うの?
、、ってか、見るの顔じゃなくてさあ、ちゃんと音聴いてる!?音!?( ̄∠  ̄ )

うひゃひゃ!甘い甘いEC&MKと、Sweet時間だ~









2014年02月07日

泥臭さに酔う・・・(Why aye man Lyon -05♪)



Colliery



Why aye man♪ ホワイ・アイ・マン

さ迷い続けていられるわけもなく
フェリーで旅立たざるを得なかった
我ら経済難民
ドイツへと逃げていく
マギーに手の平返されて
ジョディランドの日々は苛酷
だから武器と仕事の用意して
急いで来たのさ、ニューキャッスルから

そういうこった、そうよ、そういうこった
もちろん、そうに決まってる

我ら流浪の民、旅する男たち
埃と泥とそして、怒号と騒音にまみれ
ドリルにハンマー、シャベルにツルハシ
コンクリートを練り合わせ、レンガのブロック積み重ね
イギリス人あり、アイリッシュあり、
スコットランド人もいる
さながら国際連合さ
肉体労働者、売春婦たち、ありとあらゆるやり取り
英国人の手になる、ドイツのビルディング

そういうこった、そうよ、そういうこった
もちろん、そうに決まってる


yjimageCA4YJAIVyjimageCA4YJAIV
yjimageCA4YJAIVyjimageCA4YJAIV
coal_1875940b



・・・(中略)
たまにタインの川が、懐かしくはなるが
ここは我が麗しのきみ
今夜はこの町の、酒をあるだけ飲み干して
士気を高く保とうじゃないか

そういうこった、そうよ、そういうこった
もちろん、そうに決まってる

(The Best Of Dire Straits & Mark Knopfler♪ 対訳より)







お馴染み、Dogさんのチャンネルからお借りした音声は
タイトルに Great sound!とあるだけに、マーク・ライヴの素晴しさが際立つ

マークの描くものは、男たちの世界、縁の下を支える男の応援歌
苛酷な労働者の声を代弁する、その力強くて、泥臭い匂い
哀愁のメロディで、胸をグッと締められ引き込まれる
そして、マーク流の軽快なリズムで、観客を丸ごと一体にするのだ

思わず、そうだ♪そうだ♪そういうこった~♪と拍手する
身体を揺らし、こぶしを突き上げながら歌う、、その情景が
このライヴ音声からビシビシと伝わる☆
おお~そうだ♪そうだ♪一緒に歌おう~いいぞ親分~かっちょええ~!


dj_kldmbdsq_227x170-99dj_kldmbdsq_227x170-99
dj_xrrguvbx_227x170-99dj_xrrguvbx_227x170-99
dj_kldmbdsq_227x170-99dj_kldmbdsq_227x170-99




政権下に於ける否応ナシの状況で、労働者らはいつも苦難に遭う
そうした現状を、マークの目で捉え、チクリと刺す
地方独特の言葉や情景を、シビアな空気で描きつつも
まるで、一致団結のようなリズムで、テンションを上げてくれる♪

この人の偉大さは、言葉にならない、、とことん参ってしまうのだ
マークの世界は、そのどれもに毎回酔わされ、素敵なフラフラだ☆



234793-thb5234793-thb5
234793-thb5234793-thb5
234793-thb5234793-thb5



そういうこった♪

リズムもドスドスと乗れるだろ?それによ、掛け声がいいだろ?
あれこれ皮肉も混ぜてよ、世の中ぶっ飛ばしたくなるコトがあまりに多いしよ
ガツンと歌でもかっ飛ばさないとな、、
これぞ、オレ流のバキューンだ!どうだ?かっちょいいだろ~?

いいぞ、いいぞ、親分マークが首位打者だ~♪
ぶっ飛ばせ~w(^o^)w  かっ飛ばせ~w(^o^)w カキーン!

ーーーーーーー ☆ ーーーーーー

(^^)今回は、小さなフォトサイズをペタペタ貼ったのだが
どれも外せないくらいに、ミドル以上、完熟未満(笑)のマークが素敵だったのだ
完熟未満、、このビミョーさが好き!イシシ!