2016年02月12日

快晴☆遊覧気分・・・(Who's your baby now♪)



plane-790852_960_720



サウンド(音)を耳にした途端
気分の行き場が決まる

そういう時って、曲を深くは考えない
ただ、それに乗り、身体を揺らし、テンションを上昇させる
音楽が持つ、何よりの処方薬だ♪





マークの音楽には「背景を忘れ、純粋に楽しむんだ」
というメロディがあって、時に何もかもを無視し(笑)
爽快な気分でリズム&ビートに踊る

それでいいのだ!となった、今回の曲♪


14101
whit_tour_scenicwhit_tour_scenic
mark01mark01
mark01mark01
img_872c3237e5a0ad8b98f96661ecaad7f8228152


二枚目のアルバムSTP(Sailing To Philadelphia♪)から
ジャケットの飛行機とカラーにちなみ、遊覧としてみた

気分をアゲアゲにするマークのサウンドは、まさに快晴~☆
いい気候が待ち遠しい、今のテンションにぴったり!?



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



BlogPaint


・・・何?真っ赤な刺激をくれ!?
そいじゃ、一突きのこれでどうだ、、参っただろ?(▼ー▼)ニヤリッ

うひゃははは!
やっぱりね、マークに「はあと」を重ねたらこうなるのよ
可愛く、ほわほわのイメージじゃないのよね
ズドン!と重みがあるんだなあ~、、(目方じゃないです)

ちょっと色を足して贈る、今年もHappy Valentin's Day~♪




2016年01月28日

深く高く、愛の歌・・・(The fish and the bird♪Rotterdam-08)



digiart_fish_bird_web




憧れの空を見上げ、いつか飛びたいと願う、、
深い海を見下ろし、その世界を覗きたいと焦がれる、、

相思相愛にも似た物語をイメージさせ
マークのサウンドが、今、一層の熱さを起こさせる☆








深く、熱く、、完熟マークの声が何とも素晴しい!
お馴染み「Dogさま☆」のサイトだから、音響、映像共に間違いなし!(太鼓判ポンッ♪)
バラード調の響きに、マークとバックのコーラスが絡み、壮大な世界を魅せる
静かであり、力強いマークの声、、ああ~何て素敵なんだろう☆

この曲、、初めて耳にした時から、掴まれて仕方なかった
マークのアルバムには、必ずそういう掴みの大きなものがあって
自分勝手なイメージを広げるんだけど・・・
「The fish and the bird♪」、、これに関しては、即座に
愛の物語としか浮かばなかった、、

難解なるマークの歌は、「そういうものではないんだぞ」という背景がある
しかし、探れないものはどうにもならない
まして、ワタシのドを越えた素人頭じゃ、わ~とか、きゃ~とか、うおーー!
が精一杯だし(笑)、仕方がないから、自己流で騒ぐしかない
(騒がずに出来ないのか!)ウヒヒ、、

だから、単純なれど ‘‘ 持てないもの、出来ないもの同士が求め合う ’’
そういうストーリーが出来上がってしまったのだ
(・・・いつぞやの、馬と言ったら馬なんだ!と同じだ、、)



mark-knopfler-kill-to-get-crimson-2007-inside-cover-49588mark-knopfler-kill-to-get-crimson-2007-inside-cover-49588 
mark_knopfler_-_kill_to_get_crimson_-_back_(1-2)
WONDERFUL_TONIGHT__ERIC_CLAPTON__1977_
mark-knopfler-kill-to-get-crimson-2007-inside-cover-49588mark-knopfler-kill-to-get-crimson-2007-inside-cover-49588




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


マークの佇みと、このフォト、、↑
影絵のようなお手手は、まるでお魚が泳ぐようにも
鳥の羽ばたきにも見える、、(見えないです)

アングルの素晴しさと、目の色も素敵、、(魚の目とか言うんだな?)
いや~ん、一緒に泳ぎたい~~☆


MK2



また、お前さんかよ、、アップアップしてないで、ほら・・・

があああーー、、マークがお手手伸ばしてくれてるーーー幸せ~~♪
(あなたにではありません!)




2016年01月08日

幕開け・・・MK☆New Year 2016♪



BlogPaint
home_hero2
home_hero2



マークを見つめて歩む、2016の年が明けた☆
きっと、変わりなく進む時間だろう
しかし、熱い思いは過ぎる毎に強くなる

マークが魅せる世界(New Year)の幕開けだ!





YT→Cologne 21.6.2015 Broken bones + Corned Beef City♪


マークのライヴは熱い!

派手なステージでもなく、淡々と演奏するスタイル、、
しかし、いいオヤジ達の粋な薫りに包まれた上質の音楽
そして、マークを囲む一人一人の確実なポジション
それは極上を生む、バンドとしての素晴しい力だ☆


markknopfler-03
markknopfler-03
81S7LSF5M1L__SL1400_privateering_b


マークの音楽=アルバムの世界を味わう
すると、そこにあるバンドの音にも気付く
耳で感じ、こうしてライヴで彼らを目の当たりにする
マークだけでは成り立たない広がりに、また熱くなるのだ☆

今年の始まりに選んだのは、新譜「Tracker♪」と、一つ前のアルバム
「Privateering♪」からの連続ライヴ

マークの表情とスタイルからは、楽しむ余裕の一言・・・
枯れない男を見ては、共に味わうことの喜びに満たされる


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


年末の最後に押し込んだのは、ここ、マークの部屋だった
他の部屋の順序を無視し(笑)、今年のTOPに戻って来た、、
・・・と言っても新年どころか、例年から一週間も遅れているし、、ゲホホ( ̄ロ ̄|||)

暦に感化されない呑気な性格じゃ、無理もないけど、、
でもねえ~どんなに空いても、やっぱ、、マークなんだなあ~♪
この安心感、、安定感、、よそ見をしても必ず戻してくれる場所なんだわ☆

そっか、フラフラ遊泳なワタシの足には、バンジーロープが結んであった、、
マークの手を凝視したあの日から、、(あの日っていつよ!)
ギターネックに結んでくれたのね、いつでもビヨ~ンと戻るように~うきゃ~♪(o^∇^o)
(・・・こんな夢頭をマジに書くなんて、、今年もダメだこりゃ・・・)


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


1538ebaa6e3d3b50f462de4b6b2f86ad


おい、何か変なのがぶら下っているぜ・・・


BlogPaint



・・・しょうがねえな、、そのうち振り回してやるか、、♪

ひゃあ~~渋かっちょいい~~完熟マーク!
今年も、このめでたい夢ポン頭をヨロシクね~~ウキキ!\\(=^▽^=)//




2015年12月31日

ただ、揺さぶるもの・・・(Silvertown Blues♪)



明けて行く空、または静かに更ける夜
消えることのない都心の光と、冷めやらぬ熱いもの秘め
また走り出す、新しい一日に向けて・・・






静かに、ゆっくりと動き出す

少しずつ向きを変え、様々な色を見せ、、
徐々に力強く流れて行く音楽と、見事にマッチした動画は
マークの旅路にも似た風景を感じる


silver_bokeh_by_andmaiyesi1986-d4bpvl9
official_album_pi8_inside
texture_stock_bokeh_silver_011_by_redwolf518stock



何度も聞いて、それでも感動を覚える
聞くほどに深く入り込み、ビートに撃たれ、余韻を残す

マークの旅が見せるものは、その余韻の大きさだ☆

さらりと過ぎ去って、残された胸の熱さに気付く
マークの音は、そういう揺さぶりを徐々に強くするのだ
角度を変え、色も薫りも新しいものを振り撒く・・・


BlogPaint



ーーーーーー ☆ ーーーーーー


今年の終わりに、マークの部屋のトリ(紅白か、、)に随分迷った(笑)
どのライヴやオリジナルを引っ張っても、これまたズドン!と
やられるばかりで、まるで決まらない

※通称「ゆりかもめ動画」に決めたのは、土壇場的スイッチ!
やっぱ、これだ、うんにゃ、やっぱ、これにしよう、、いや待て待て、これは?
、、と、まあ~おもちゃ売り場で迷う子供、、わはは!おもちゃって、、
マークの音楽だぞ、何てこったい!

※ゆりかもめに乗った気分で、車窓からの風景を眺め
マークのSilvertown Blues♪を聞く、、これをインプットしたワタシは
いつかきっと都会に出て、ゆりかもめに乗って、マークを聴くんだ!
と、一人でブツブツ言っているのだった(* ̄∇ ̄*)

しかしねえ~この動画、、始まりから見事なまでの流れに
何度見てもね、感動で揺さぶられるんだなよあ~((+0+))
これ、マジに、本当に、素晴しい動画だ!と思う

眠らない都心の輝きと裏腹に、陽の目を浴びずに働く息遣い
マークの視点は、時折そういうハードワーカーの味方とも
いえるようなタッチで、我々を掴む

場所やシーンは違っても、縁の下の力持ちに対し
応援歌のような投げ掛けを感じ、また揺さぶられるのだ!


無題BlogPaint
07MK_Tom_BirdBlogPaint



ああ~マークの音楽の素晴しさと、彼の凄さよ、、
語り尽くせないと分かっていても、同じことを書かずにいられない
毎回、言葉に悩みつつ、、(悩んでいるのか?)

今年も、ただ揺さぶられた、、これで終わり
そして、また、これで始まるのよ~♪


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


direstrait
無題無題



シルバーに引っ掛けて探したフォト、、

するとシルバーサーファーが出て来た、、
おお~、、かっちょええ~~!!!
この精悍な顔立ちと視線、、マークに似てない???

つるりん度といい・・・(こ、こらああ~~~!)
いや、間違った、、キラキラ度といい、、ウヒヒ!
マークとサーフィンは関連しないけど、とにかく、ゾッコン度高し!
ってコトで、今年も輝いたマークで飾ろう~♪キラキラッ\\(☆0☆)//

・・・よ、俺はシルバーなのかよ、、光るのはゴールドだろ?
来年は黄金Goldで頼むぜ!


MarkKnopfler_1




.。゚+.(^^)゚+.゚  See You Next Year  .。゚+.(^^)゚+.゚





2015年12月11日

七色スイング!・・・(Mark Knopfler & Friends - Sultans of swing [London 02]♪)


BlogPaint




早くも、イルミネーションが彩る季節の12月
多彩で豊かなマークの音楽は、四季を思わせる

幾つもの風景の中で、しっとりと流れるサウンド
しかし、時にキレのある走りを見せ、ぐいぐいと我々の胸を掴む

マークが魅せた、七色スイング☆







何という、キレッキレのサルタン♪だろうか、、

これは、マークが完熟ちょい未満(笑)の02’ - London Liveの模様
これまでに、何度も歴代のサルタン♪ライヴを見てきた
その中で、ここでのバージョンは、とにかくキレがある!
・・・と、ワタシだけが単に思い込むだけなのかも知れない、、

しかし、ピッチの速さの問題ではなく、マークとフレンズのぴったりの息
そして、短めバージョンのアレンジ(大抵ライヴでは8分~10分以上)
イントロで大盛り上がりな観客は歌い、ビートと共に歓声を送る
このライヴは、どう見ても、何度見ても、キレがあるのだ!

知り尽くしたファンの耳は、曲間の一瞬にマークが発する
極上&唸るプレイを、決して逃さない(5:00~)
肥えた耳だからこそ、堪らない大歓声と拍手が沸く
うんうん、この音だ、この流れだ、ウォーーーッ!という具合に、、(笑)


hqdefault
yjimageyjimage
yjimageMN0NJFLEyjimageMN0NJFLE



ああ~、、何というマークのかっちょよさだろうか、、!

自分はただじっと弾き、ぼそぼそ歌い、リズムに乗るどころか
身体を揺らしもしない、、これほどじっとしてプレイするのって
とても難しいんじゃなかろうか、、(そういう疑問を持つのか?)
普通、どうしたってリズムを刻み、自分も揺れるハズよね?ね?(ね?って)

バカ、違うよ、揺れたら音がブレるからじっと弾くんだよ!
あ、、そっか、、プレイヤーとリスナーじゃ感覚が違うのよね、、ホホホ(苦笑)
でも、マークなら揺れてもブレないと思うけどなあ、、どお?
(※・・・こういうコトをわざわざ追記で書くんだから、自分で可笑しいわ)

ああ~、、分からない、、どうしてこんなに凄いんだマーク、、!
めちゃめちゃクールに走り去るライヴ!素晴し過ぎるぞマーク、、!

どこ吹く風~♪の如く佇み、圧巻のプレイを見せる技
それは激しくも美しい、七色に映り行く世界

静かなステージの男達、、その反対に、観客はもう総立ちだろう
ただ画面を見ているだけで、鳥肌なんだから・・・☆



swinging-christmas



*:--☆--:* :--☆--:*: --☆--:* :--☆-- *:--☆--:*: --☆--:* :--☆--:*



12月というだけで、もう今年も僅か、、という気分になる
すっかりノロノロ運転になったマークの追っかけだが
(・・・へえ~?追っかけだったのか?)
何だかなあ~マークの凄さが、どこまでも追うごとに
ますますますのよ、、(←漢字で書け!)

サンタの可愛い画とタイトルがあったので、思わず今年のX'masに決定♪
あひゃひゃ(^^)コラボでサルタンサンタね(^^)




BlogPaint



いや~ん、、可愛い~~、、にっこりマークもサンタ!(o^∇^o)ノ




2015年11月28日

伝説(レジェンド)を追う☆・・・(The Straits & Dire Straits Legends Live♪)

the-straits-stage



DS時代を追いかけるかのように、、

共に演じた共演者もまた、マークの偉大さを知る唯一の語り手たち
その彼らが成す、あの時代を再現するバンドライヴがある
YT→The Straits Live♪

忘れるどころか、今もなお新鮮に蘇る数々のDS名曲
語り手の男たちは、あの時代以上の熱さで
それを伝えてくれるのだ☆


thestraits_06-hr



ライヴというものは、オリジナルとの違いを知ってはいても
その完成度と生の演奏とを、どうしても比較してしまう
それを味わったうえで、やっぱりDSはマークでしかない、、
ギターもヴォーカルも、マークでなきゃ成り立たない、、

そういう、首を縦に振れない部分があるのは、ファンとして勿論だ

ファンであるからこそ、マークの素晴しさを分かっている
どんなにプロの彼らでも、同じようには出来ない
マークの姿のないステージで楽曲を聞くと、複雑な思いに包まれる
ギターテクニックにしても、ライヴの完成度の高さにしても
マークの凄さが、改めて分かるからだ


_PRL4888%20copya
DSL-1030x615



しかし、それを踏まえたうえで、バンドで集まる往年の顔ぶれ・・・
個々が伸び伸びと自由であり、カラーを持った演奏で、何よりも楽しんでいる

あの時代を呼び戻し、思いを繋いでいく彼らのライヴを見ていると
懐かしさと、より一層の熱いものがこみ上げ、感動を覚えて仕方がない、、
マークが率いる、DSが築いた伝説、、その時代を体感し、リアルタイムで
目撃した彼らだけが、誰よりもマークの偉大さ、素晴しさを知り、伝説として
語り歌い継ぎたい、、そう感じているだろう☆

マークそのものにはなれない

だけど、ステージに響く名曲を聴いていると
やっぱり、マークの姿を重ねつつ、男たちの胸に宿るものを感じ
どうにも熱くならずにはいられないのだ


ShowImage
the-straits-stage



ああ~何だろう、この入り混じった感覚は・・・

「共に歩んだ時代、、それは、今も変わらず、ずっと熱いままさ」
と、まさにタイムスリップしたかのような、彼らのライヴに
丸ごと引き込まれてしまった

彼らこそ、DS時代から走り続けるレジェンドだ!

The Straits are:

Alan,keybord (DS) Chris,sax(DS)
 Terence, Mickey, Jamie,
 Adam, Steve and Andy: The Straits


mel_collins
dire-straits-legends



もう一つの伝説ライヴは、フルコンサートの模様から~
Full→Dire Straits Legends Live♪
作者様が、楽曲とタイムを明記してくれているので、じっくり浸るもOK
お気に入りに飛んで、唸るのもOK(^^)
ゴージャス気分をお楽しみあれ~!

Dire straits Legends are:

Pick Withers, drums (DS)
Danny Cummings, percussion (DS)
Mel Collins, sax (DS)
Phil Palmer, guitars& vocals (DS)
Jack Sonni, guitars & vocals (DS)
Marco Caviglia, guitars & vocals


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


懐かしくて胸がジーンとなった・・・

DSの曲なのに、マークとは全く違う味
個性を生かし、それぞれが心底楽しむライヴ
熟練の余裕と、遊びも織り交ぜ、観客を引き込んで放さない

特に、最初のThe Straits Liveのサルタン♪の完成度が素晴しい!
クリス兄貴とアラン兄貴、、いや~ん、楽しい~楽しい~♪
アレンジしつつ、自分達の色で燃えるサルタン♪
誰がメインでもない、その雰囲気とパートの盛り上がりがとってもいい!(^^)

皆、マークが大好きなんだ、、
そして、DSを知る時代にいつまでも留まっていたい、、

これを一番嬉しく思うのは、きっときっと、マーク本人だろうね!


Mark_Knopfler_-1979Markknopfler20061





2015年11月10日

漂い流れゆく景色・・・(Single Handed Sailor♪)

img_0648



空と海が、色を見せ
風と波が、音を聞かせる

たった独りの景色に、押し寄せる感情は尽きない






するりと始まるマークのギター
シンプルなタッチのサウンドは、静かに漂う単独航行の海
行き去る船の姿を見せるかのように、流れる音でフェードする


d8ab1b4177e468c6df69498599406a41d8ab1b4177e468c6df69498599406a41
hqdefault




DSセカンドの「Communique' コミニュケ♪」
ワタシは、このアルバム全体のトーンがとても好きだ
淡々と聞かせるリズムの中に、滑らかで艶のあるギターの響き

DS初期の4人だからこそ、、の味

壮大で幻想的な世界を作り出す、極上シンセサイザー音や
広いステージの背景に映し出す、色も光も何もない
いたってシンプル、、言い換えれば『音』だけに耳を済ます時代

この頃のマークにしか出せないもの
その時代の空気、生み出すセンス、感受する世界観
時を戻しても、同じものは出せないだろう
知らなかった時代を味わう、、それだけで、また感動だ☆


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□


では、その時代へと、スリップGO~!
つるり~ん、、(こら!そのスリップじゃない!)
Single Handed Sailor♪→DS-Rockpalast ’79

このライヴ、、好きなんだなあ~、、
観客が騒がずにおとなしい(笑) パチパチと拍手する姿がとてもいい
マークの硬く張った声、それで囁きもあったり、、きゃーん


dire%20straits%20dvd
maxresdefault



あひゃ~~マーク!髪がある~、、肉がない~、、(れれ、完熟よゴメン)
そう、この筋肉に、血管浮いた腕よーーー!

初めはジャケを羽織ってるんだけど、この曲の後でバサッと脱ぐのよ
そしたらこの鋼の身体でしょ!?アヒー!いきなりのKOだもんね
ハチマキなしで、汗もバシャバシャだし、、
(他に例えはないのか!)

う~ん、、どの時代のマークも、やっぱり撃沈だった・・・w(*゚o゚*)w





2015年10月19日

掴んだ道標・・・(Boom, Like That♪)


thumb5



ずっとそこにある 道標

来る者を待ち、そして見送る、、
またいつか、戻る時まで






ただ何となく聞いた、ある日の音楽
それは、マークのこの曲だった

ただ何となく、、そういう閃きにも似た光
大袈裟かも知れないが、ワタシにとってマークは
その光だったのだ☆


22



この部屋が始まった、2011年10月の初め
ワタシは何となくCDのラックにあるマークのソロ第一弾
「Golden Heart♪」を手にしていた

暫く聞いていないうえに、それからのマークを見るどころか
思い浮かべもしなかった、、そう、ソロアルバムがとっくに進み
既に6枚目の「Get Lucky♪」まで発売されていた、と言うのに、だ

それもこれも、すっかり忘れていたマークの音楽、、
マークの存在さえも、もはや忘却の彼方、、うう、、何という愚か者だ
そういうスイッチがぼわぼわと灯り、ワタシはその「Golden...♪」の
アルバムを眺め、しばし考えた、、

一体、今、その(←まるで他人ごとだ)マークは、どうしているんだろうか・・・

まだ活動している?ひょっしてもうやめた?(←おいっ!投石~!)
それはそうと、今、幾つなんだっけ?音楽活動より、プロデュースの方?
とか何とか、、まるで引退でもしたか、のような予想図の頭がぐるぐる
自分の愚かさを棚に上げ、エスカレートするフトドキ1000番!!!
(よいこは正しく覚えましょう=不届き千万)

そのボンクラ頭を、見事電流ハンマーでカチ割ってくれたのが
サイトで見た完熟マークのMV「Boom, Like That♪」だったのだ☆
(ハンマーに電流が付いているのか、、すげー、、)

見た途端、マークの完熟度に衝撃を受けた
うわ~年取ったなあ~!の衝撃ではない、その反対なのだ、、
うわ、うわ、うわーーー!何なんだ!マーク、、何てクールな今なんだ!
・・・テケテケ♪あれから〇十年、、(綾小路きみまろ)



Mark_Knopfler_at_O2_World_Berlin



見事ノックアウトから、むさぼった完熟マークへの道、、
暴走にも近かった始まりの2011年から、今の歩みはまるで亀以下、、(笑)
しかし、ワタシにとって、TOPフォトのイメージのように
マークの道標が、そこにあったのだ

そして、フラフラと遊泳しても、また戻ってくる
マークの音楽が、ずっとずっとそこにある☆



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


お宝素敵フォト&一言♪


zt



うはあ、、チョコミントのチョコなし色のミントブルー、、
綺麗な色だけじゃない、抜群のマッチ感だと思うなあ~

背景が効いているのは勿論、マークの目と同じよね
ライトも加わり、髪もミントブルーに染まっている所がいい!

・・・電流ハンマーってのは、初めて聞いたぜ♪
そっちじゃ、そんな発明品があんのか?すげーな、、
まあ、俺のギターに電気は流れているからな、、
ギターをハンマー型にするか・・・?

始まりの10月は、空気が美味しい~Thank You~ \\(^^)//




2015年10月06日

都会の闇に映る男たち・・・(Planet of New Orleans 1992 New York ♪)


autumn1j



煌びやかな街が鳴く

帳を下ろし、深い闇を連れ
誘うように、浮かび上がる男たち・・・




YT・・・→Live in NY '92


マークのギターが唸る、、
何とも言えないライヴでの酔わせ方に、何度も参ってしまう

場所はNew York・・・これまでDSからマークのソロまで
沢山の場所を取り上げたが、あまりなかったUSものを探した、、
というより、実は今回はこのライヴ映像に参ってしまったのだ!

この観客席(作者さま)からの距離は、かなり遠いはず
それを精一杯のズームで、アップしてある(ThankYou~♪)
その鮮明度が少しぼやけている、、これが、実になかなかいいのだ!

マークの表情と姿全体が浮かび上がると、鮮度の緩さがまるで
デジタル加工でもしたかのように見えるのだ、、うわあ~鳥肌だ~w((゚o゚))w
背景の闇にも似た黒一色のステージ、、これって普通なら
各色ライトが様々に飛び交って、美しく盛り上げる所だろう

しかし、ここでは曲のイメージを益々広げ、奥底に引き込むかのように
マークの唸るギターで、聴く者に陶酔にも似た感覚を匂わせるのだ☆


uxb280uxb280
udiudi
188jb56z2t4hqjpg188jb56z2t4hqjpg
view-from-a-park-above-nyc-on-an-autumn-night



深く見えない闇の中で、男たちが映る
スタイリッシュな都会とのコラボレーションが似合う夜☆

揺れるサウンドに乗り、誘うようなシルエットが堪らない
観客席のざわめきもほとんど入らず、ヘッドフォンの音量を上げては
マークの音に酔いしれる、、ああ~何てセクシーなのだろうか、、

オリジナルはDSラストアルバム「On Every Street♪」からの曲
それを越えたライヴの香りは、また格別だ


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


はい、、では、DSラストの「青い夜」と言えば、これ↓


4B525DC78941C1F0C0990570F5104655



あひゃ~もう~この青に弱いのよねえ~
マークのこの頃って、色っぽいんだもの、、ε=ε=((;´Д`))

何かと登場するのが、赤とか青とか、艶々のロンドンとか、、(笑)
ワタシが勝手なタイトルで決め付ける、DSから完熟までの色なのだ

赤・青・・・これがDSの歩みで
紫の芳醇と豊潤・・・これが完熟したマーク
(ワインじゃあるまいし、誰も分かんないよな、、)

完熟ってさあ、、他に浮かぶのトマトなんだけど、、待てよ、、
あれは青から赤になるのか、、う~ん・・・(考えるんじゃない!)

何度も行き来しては、やっぱり落ちる
マークの罠に、今日もドボーーーン~~~~\(@0@)/




2015年09月14日

独りごと・夢時間(肥ゆる秋編)・・・(Four in a Row♪)



Wild-Horses-run-



何かに向かって・・・
走る、突き進む、、攻撃とも、逃避とも言えない、何か、、

強いビートが淡々と揺さぶる
それに駆られ、湧きあがる感情の波が襲う
そして、そのサウンドは、風を切る光景に連れて行く、、






とにかく走りたい、、まるで自分が四足を得たかのように

この曲が最初にイメージしたのは、野生馬だった
そうなったからには、こういう季節にもってこい(!?)のシーン
手懐けられない野生馬は、こちらの感情を見透かすか、のように
じっと立ち、その視線を向ける

何でも手に入れようとする、、出来ないものはない、、と誇示する人間に
‘‘あんたらの思うようにはいかないんだ、、’’と瞳の奥で冷笑する彼ら
そういう姿が見えるのよ、、(一体、どういう頭なんだ!)


wild_horses_Par_38442_Image_-1_-1_1
gcWUr
69_1wild_horses_vibrance_04



いい加減、、馬をやめよう、、と考えた・・・
しかし、やっぱり馬なんだ、、(それがおかしいんだよ)
だってねえ~意のままにならない野生馬
この美しさを見てたら、人間の「我」なんて屁だ、、(←おい、Heって、、)
と、蹴っ飛ばしてくれそうで、、わはは!いいぞ~パカパカ~ッ♪

曲であるOST♪の背景を完全に無視し、、(ウシシ)
シャープなビートが刻まれると、もうじっとしていられない
マークのギターをバックに、それッ走るのよ~パカパカ~ッ♪(←バカバカだ、、)

どうしても!
と訴える、ちょっとズレたワタシの頭は
灯った物事が、絶対のイメージを固定する

特に、このマーク惑星(笑)では、もはや真面目に語る域を脱し
宇宙規模の展開、、おお~~!マークの宇宙ステーションだ!
・・・そんな綺麗ごとじゃないでしょ、、ただの妄想癖なだけ、、

いいの、いいの~♪
貴重な動画(音楽)が、未だに消えていない、、
こんな嬉しいことはない!うう、、何て有難いんだ、、
サイトさんに、サンキュベリベリのマッチョ~♪

こういう好き勝手な世界こそが、夢時間☆
マークが見せたワイルドな疾走
走る、駆ける、天高く、、肥ゆる秋編なのだ!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


Mark-Knopfler-Plays-Avo-Session



バキューン!完熟のワイルド攻撃~♪

・・・フッ、また馬が走んのか?
おかしな頭は、どうしようもねえな、、
そのまま、宇宙の果てまで飛んで行きな~((▼3▼))

ビヨォーーーン!(((ぴゅーーーん)))(マークのギターに弾かれた)